オープンイノベーションが創る日本の未来その22015年12月01日

11月26日、KIT虎ノ門サロン「オープンイノベーションが創る日本の未来」が開催されました。目玉は、安全学の権威、向殿政男明大名誉教授のインタビュー、「ニトリ・似鳥昭雄氏に聴く、世界展開への道」にはじまり、似鳥社長に説得されてホンダから転籍され、ニトリをさらに発展させた杉山清さんと向殿先生の対談、そして、地域活性化をオープン・イノベーションで進める㈱リクルートライフスタイルの三田愛氏による講演「オープン・イノベーションこそ新展開の起爆剤」という盛り沢山の中身を、なぜか橋本がオープン・イノベーションという概念で総括するという、赤羽良剛さんらしい画期的なサロンです。ポスターの写真は、参加いただいた、旧知の松本毅さんのFacebookから転載させていただきました。松本さんは現在、大阪ガスオープンイノベーション室長で、日本初のMOTスクール㈱アイさぽーとを設立、発展された方です。
2つの対談、三田さんの講演はとても刺激的で、大変勉強させられました。似鳥社長の、伝統的な家具業界の悪弊を破るある意味破壊的なイノベーション、そして国内から海外をまきこんだSPAによるコストダウン、その先の品質向上、特に安全性向上のストーリーは、いろいろな示唆に富むケースになります。杉山さんは、垂直統合モデルとしてご説明されましたが、それには、内外の人材や組織を取り込んでいくオープン・イノベーションの思想が根幹にあり、ライバルのIKEAのお客様に組み立てをしていただくというオープン・イノベーションモデルをはるかに超えた戦略でもあります。三田さんは、現代的なソーシャル・イノベーションにオープン・イノベーションを持ち込み、外から地域を変えていくというモデルを構築し、実践していきます。私はその場で、これらを一つの表にsまとめ、赤羽さんの無茶ぶりを、なんとかこなした一日でした。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://innovation.asablo.jp/blog/2015/12/01/7931420/tb